洗顔石鹸オリーブオイル配合がおすすめ?

オリーブオイルは、オリーブの実から搾油された植物オイルです。
オリーブオイルの中でも70?80%を占めるオレイン酸は、人の皮脂に近い成分を持ち、酸化しにくいため、多くの化粧品にも使用されています。
オリーブオイルには、食用と化粧品用がありますが、違いはあるのでしょうか?ずいぶんと価格が違いますから、「品質が変わらないのなら、食用オイルをお肌のお手入れに使おうかな」と思いたくなりますよね。
オリーブオイルの食用と化粧用の違いは、濾過の仕方です。
食用オイルの場合、比較的粗いメッシュで濾すため、オリーブの実のクズなどがそのまま残ります。
食用であれば濾過しきれなかったものも、オリーブオイルが持つ独特の風味として楽しむことができますが、お肌にそのままつけてしまった場合、刺激が強くなり、人によっては肌荒れを起こす可能性が高くなってしまいます。
一方、化粧品用のオイルはとても細かいメッシュで濾すため、不純物の少ないオイルとなります。
キメの細かいなめらかなオイルですから、お肌への浸透性も高く、刺激も抑えられるといわれています。
食用オイルは、からだなどのマッサージ用として使う場合はまだしも、刺激に敏感な顔などの使用はさけた方がいいかもしれませんね。
オリーブオイル石鹸の代表的なものとして、「アレッポの石鹸」があげられます。
原材料は、シリア産のオリーブオイルとローレル(月桂樹)オイルのみを使用しています。
昔ながらの手法にこだわり、釜で三昼夜もの間熱を加えながら練り上げてつくります。
添加物を一切使用していないためお肌にやさしく、洗顔用にはもちろん、洗髪など頭皮を含め全身に使える石鹸だといわれています。
お値段もお手頃で人気の高い商品ですが、独特の香りなどでも好き嫌いが分かれるようです。
かなり大きな石鹸ですから、小さく切った方が使いやすそうです。
2010年度@cosmeベストコスメ大賞洗顔部門の一位に輝いた「ガミラシークレット/ラベンダー」も人気が高いです。
イスラエル北部ガラリヤ地方に住む「ガミラおばあちゃん」が、植物の特性を生かすべく研究に研究を重ね、30年以上の月日をかけて完成させたレシピによってつくられた石鹸です...と聞くだけでも。
なんだか効果がありそうですよね。
芸能人の方に愛用されている方も多いため、人気に火が着いたようです。
お値段は「アレッポの石鹸」に比べると、少々お高めです。
他にも「ナイアード/ダフネ石鹸・アダテペの石鹸」「サボンドマルセイユ/オリーブソープ」「カサブ石鹸」「オリプレ/ナチュラルソープ」「オリーブマノン洗顔せっけん」などたくさん。
あれこれ迷うのも楽しいですね。