ペットローンの審査が通らない理由とは?

日用品やDIYグッズが多数取り揃えられているカインズホームでは

ペットグッズは充実していますが、生体の販売はあまり見かけません。

しかし、北海道と東北地方を除き、関東地方を中心とした日本各地に「ペッツワン」というペットショップを展開しています。

ペッツワンのペットはカインズホームのHPからチェックすることができ犬、猫、小動物、観賞魚といったカテゴリー別に検索も可能です。

特に犬の販売に力を入れているようでトップページには1ヶ月以内の新着犬がランダムに表示されていますので「この子だ!」と直感する犬に会えるかもしれません。

気に入った子が見つかったら、すぐにお家へ…と思うのが心情ですので資金が乏しい場合はペットローンの検討をしてみることをおすすめします。

ローンには銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものとがありますが消費者金融だと総量規制が適用されます。

パート主婦だったら、年収の1/3以内であればローンを組むことができますが、専業主婦だと消費者金融から融資を受けることはできません。

銀行のローンは総量規制はないので専業主婦でも融資を受けることができますがペットローンは、必ずしも借りられるわけではありません。

スルガ銀行の申し込み資格には「安定した収入がある方」という条件がついており場合によっては収入確認資料を用意しなければいけません。

イオン銀行もペットローンを扱っていますが、年金受給者や学生、専業主婦、無職の人は申し込めませんから専業主婦の方は、ご主人にローンを組んでいただくしかありません。

ペットローンを取り扱う金融機関や信販会社は数多くありますがいずれのローンを利用したとしても返済する際には利息を加算する必要があります。

金利が低い順に並べますと、銀行、信販会社、消費者金融となっており金利が低くなるにつれ審査の厳しさが上がります。

銀行ペットローンの場合、イオン銀行は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の場合は年2.5%から年7.5%でオリコの多目的プランの場合は年6.0%から13.2%というように銀行よりも高めの金利になっています。

一方、消費者金融のプロミスの場合、ペットローンではなく目的ローンという商品になり金利は年6.3%から年16.5%と一番高くなっています。

融資の最大限度額はイオン銀行が700万円、スルガ銀行は800万円ですが消費者金融のプロミスの場合は300万円程度で、総量規制も適用されます。

ペットもケガや病気になる可能性はあるのですが人間のような医療保険制度には程遠いものといえるでしょう。

ですから、ちょっとした通院でも全て実費で計算されるので数万円の治療費は起こり得ることと覚悟していなければなりません。

最近はペット保険が増えてきましたが、毎月の掛け金が高額なのに給付金が少なかったり給付条件が厳しいなど保険に入るメリットを感じられない保険も多く見受けられます。

また、ペットが若いうちは保険のありがたみを感じづらいのでペット保険に入るだけ無駄だと感じる人もいるでしょう。

最近は、転ばぬ先の杖として保険に入ることよりも何かあったときにペットローンの利用を考えている人も多いようです。

スルガ銀行は関東では知らない人も多いかもしれませんが、静岡県に本店がある地方銀行で実店舗は5大都市圏に展開しているだけでなくネットバンキングでも全国展開している沼津市指定金融機関です。

銀行の場合、ペットローンは多目的ローンで対応するのが一般的ですがスルガ銀行はペットローンがある数少ない銀行です。

スルガ銀行のペットローンは、借入限度額が最高で800万円と高額にもかかわらず金利が2.5%から7.5%と非常に低金利なのがお分かり頂けるかと思います。

パソコンやスマホで申込が可能で全てWeb完結します。

申込資格は年齢が20歳以上65歳未満、完済時年齢が70歳以下である人で安定・継続した収入があることが条件になっています。

ペットローンはペットの購入費や治療費など使い道が限られているローンですがローンに申込んで審査をクリアしなければ利用することはできません。

申請方法は郵送やインターネットがあり、ローン申込書に記入し提出(送付または送信)する必要があります。

申請に必要なものとして、運転免許書等本人確認書類のほかに収入を証明する書類も必要になります。

(50万円を超える借り入れの場合)すでに他社から借金があったり、所得制限がかかっているローンでも収入を証明する書類が必須となってきます。

ペットローンというのは、ローンの使い道が限定されていますのでペットショップが発行する見積書や領収書など使い道を確認できる書類も必要です。

ペットローンを提供していない銀行や消費者金融などは多目的ローン等、使途を限定して金利を抑えた商品を提供しています。

年利率は、銀行、信販会社、消費者金融の順で低いのですが、審査の厳しさは低金利なローンほど難易度があがると言われています。

又、同じ金融機関でもカードローンのような使途を限定しないフリーローンもありますが、使途が限定された低金利にしたローンの方が審査は厳しいと言われています。

つまり銀行のペットローンはローンの中でも一番審査が厳しいことが予想されますから審査に通らないという人は、同行のカードローンに申し込んでみてはいかがでしょう。

又、銀行カードローンの審査は信販会社のペットローンと同じレベルという話もありますから双方の金利を比較して、金利が低いローンに申し込むのも良いと思います。

セディナにはペットローンはありませんが総合目的ローンという商品があります。

総合目的ローンは、大きな資金が必要になったときに利用出来るローンになっています。

ペットショップから発行された見積書や契約書があれば使途を証明できるのでペットローンにも利用できます。

申請条件は満20歳以上であることや、安定継続した収入があることや、勤続年数などが借入条件として規定されています。

金利は7.8%から11.8%、融資額は5万円から300万円、担保や保証人不要、返済期間は最長5年(60回)なので、安心して利用することができますね。

ペットローンはペットの購入費や治療費など使い道が限られているローン

ですが他のローンと同じで、ローンに申込み、審査に通る必要があります。

申請方法は郵送やインターネットがあり、申込書に記入し送付または送信しなければいけません。

申請に必要なものとして、パスポート等の本人確認書類のほかに収入を証明する書類も必要になります。

(50万円を超える借り入れの場合)他社からの借入金と今回の借入と合算して100万円を超えてえる場合や所得制限があるローンでも収入証明書類が必要ですので、事前に用意しておきましょう。

ペットローンというローンは使い道が限定されているローンなのでペットショップが発行する領収書などの提出も求められます。

住宅ローンやカードローンに融資を許可するかしないかの審査があるようにペットローンを組む場合にも当然審査はあります。

ペットローンのある金融機関には銀行や信販会社などがありますが銀行のペットローンは審査が厳しくハードルが高いとされています。

銀行のペットローンはペットショップで組むローンと比較すると低金利なので人気が高いのですが金利が低いほど審査が厳しくなるという傾向にあります。

つまり、きちんと返済してくれる人なら安心して貸すことができるのでその見返りとして低金利で貸してあげますよという事なのです。

審査の難易度は、銀行のペットローンが一番難しく次いで信販会社のペットローンが審査が厳しいと言われています。

ペットショップのコジマでペットローンを利用する場合はショッピングローンとなります。

信販会社には、セディナやオリコなどがありますが、多くの会社ではペットローンではなく、目的別ローンとしてペットにも利用できるように対応しています。

目的別ローンとは使い道を限定して低金利で融資するローンのことで代表的なものとして、マイカーローンなどが挙げられます。

オリコだと多目的プランというサービス名で最高300万円まで借りることができます。

セディナは総合目的ローンという商品で最大借入額は300万円までで、金利は7.8%から11.8%となっています。

ペットを購入するにあたって、ローンを組む場合頭金を納めておくと借入金額を減らすことができます。

融資金額が少ないほど審査のハードルも下がりますから安心してローンに申し込むことができますよね。

頭金は多いに越したことはありませんがいくら納めるかは自分で設定することができます。

ただし、犬や猫の場合は生体価格以外にワクチンなどの費用が数万円程度かかりますから手持ちのお金を全て頭金にしてしまうのは避けましょう。

別途かかる費用としては首輪やリード、餌やペットシーツなどといったものも必要になりますし小屋やケージを含めると数万円はかかることを念頭に入れておきましょう。

フリーターやアルバイトの人がペットローンを組む際には様々な条件がついたり制限を受けることがありますから注意してください。

どの金融機関でも確実に返済してもらう判断基準として「安定かつ継続した収入」が条件になりますので勤務期間は最低でも1年以上継続していることが望ましいです。

雇用形態や年収の条件についてですが、イオン銀行だと前年度の税込み年収が200万円以上という条件がついていますがスルガ銀行の場合は年収制限はありません。

信販会社だと、オリコで多目的プランというペットローンに対応ローンがあるのですが満20歳以上で安定した収入があれば、アルバイトでも申し込みは可能です。

消費者金融の場合はペットローンという商品はありませんが、プロミスの目的ローンという低金利なローンなら、収入の1/3以内ならアルバイトでも借入できます。

オリコのローンはカードローンや目的別ローン、キャッシングがありますが中でもオリコのオートローンは業界のトップの地位を築いています。

しかし、オリコではペットローンというローンは用意されておらず、多目的プランを利用することになります。

ですから、ペットショップがオリコと提携していれば多目的ローンの申込書に記入することになりますがオリコの審査は非常にスピーディですから、審査条件さえクリアしていればその場で契約することができます。

金利は6.0%から13.2%、10万円から300万円まで融資可能です。

注意事項としては、オリコから借りるお金が50万円を超える場合や他社からの借入れと合計で100万円を超える場合は所得証明書の提出が求められます。

ペットローンを考えているけど年収が低くて審査に通るか自信がないなど最初の一歩がなかなか…という人も多いのではないでしょうか?ペットローンの申し込み条件は「安定かつ継続した収入があること」という項目が多く具体的に年収を条件として設けられているのはイオン銀行だけです。

ペットローンではパートやアルバイトでも安定した収入があればOKというローンが多く年収よりも、安定かつ継続していることの方が大切なようです。

当然、年収は多い方が有利に働くことは間違いありませんがそれよりも勤続年数が1年以上(できれば3年以上)ある事の方が重要です。

その他にも、過去にローンの遅延や滞納がなかったか?など、金融事故歴のほうがよっぽど審査の障害となります。

ペットローンは動物を購入するためのローンになりますが借金をすることに変わりありませんので一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

よって、ローン審査を受けて承認されないとお迎えしたい子がいてもペットローンを利用できません。

ペットローンに落ちたことで、気にいった子をお迎えできなかったという話を聞くことがありますが審査に落ちた人は、その原因を解明しないと他のローン審査も通過できない可能性があります。

過去に自己破産をしていたり携帯電話の支払いを遅れたことがあるという人は信用情報に記載されている可能性が高いです。

また、複数の金融機関から借りているとか申込時に通りやすくなるよう嘘の申告があった場合は問題外です。