ペットローンの審査の申し込みが気になりませんか?

ペットショップで扱っている生体は数十万円もすることがある

現金で支払う人はあまりいないかと思います。

ペットショップも動物が買ってもらわないことには商売になりませんから信販会社と提携してローンを組めるようにしているショップが多いです。

ショッピングローンはクレジットカードのように購入代金を信販会社が立て替えて支払いローン組んだ人は購入代金を信販会社へ金利を付けて分割払いで返済していきます。

クレジットカードでショッピングするのと同じと思われがちですがショッピングローンとは、購入対象の商品だけにローンが適用となるものです。

ペットショップで申込書に記入するローンもショッピングローンですから審査結果から利用できるまでの時間は非常にスピーディです。

ペットローンという商品を扱っている銀行は実は少なく大多数の銀行は目的別ローンで対応しています。

スルガ銀行やイオン銀行にはペットローンの提供があり、信販会社のローンよりも低金利なのが特徴的です。

イオン銀行の場合は金利が年3.8%から年8.8%で最高借入金額は30万円から700万円、返済期間は1年から8年までとなっています。

スルガ銀行の金利は年2.5%から7.5%、最高借入金額は800万円、借入期間は最大10年となっています。

銀行のペットローンというのは、非常にメリットが多いのですがそれだけ審査が厳しくなっているのは否めません。

フリーターやアルバイトの人がペットローンを組む際には制限を受けることがありますから注意してください。

どの金融機関でも返済能力がない人には貸せませんから、勤務期間は最低でも1年以上継続していることが望ましいです。

イオン銀行には前年度年収が200万円以上という条件があるのですがスルガ銀行の場合は年収制限はありません。

信販会社ではオリコがペットローンに利用可能な多目的プランという商品がありますがこちらも満20歳以上かつ、安定した収入がある人であれば、アルバイトでもOKです。

消費者金融の場合はペットローンという商品はありませんが、プロミスの目的ローンなら、収入の1/3以内ならアルバイトでも融資を受けることができます。

ペットローンを利用したいのだけれど年収が低くて審査に通るか不安…などなかなか踏ん切りがつかないという人も多いのではないでしょうか?ペットローンを申し込むには「安定かつ継続した収入があること」とされている場合がほとんどで年収制限が明示しているのはイオン銀行の200万円だけです。

ペットローンでは収入があればアルバイトなどの非正規でも融資可能というローンが多く収入よりも継続してお仕事をしているかということを重要視しているようです。

当然、年収は多い方が有利に働くことは間違いありませんがそれよりも勤続年数が3年以上ある事の方が評価は高いかもしれません。

他にも、過去にローンの滞納がないか?自己破産歴がないか?など、金融事故歴のほうがよっぽど審査の障害となります。

ペットローンというローンはペットを購入するためのローンですが借金をすることに変わりありませんので一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

ですから、所定のローン審査を受けて承認されない限り家族に迎えたい子を見つけてもペットローンを組めないのです。

ペットショップのペットローンに落ちたとか利用できなかったという話を聞くことがありますが審査に落ちた人は、原因が必ずあるはずです。

過去に自己破産をしていたり携帯電話の支払いを遅れたことがあるという人は信用情報に記載されている可能性が高いです。

その他にも、いくつもの金融機関から借入をしているとか申込時の情報に虚偽申告があった場合は問題外です。

ペットローンはペットを買ったり治療費など使い道が限定されていますがローンに申込んで審査をクリアしなければ利用することはできません。

申請するには郵送やインターネットから選べ、ローン申込書に記入し提出することになります。

申請に必要なものとして、パスポート等の本人確認書類のほかに収入を証明する書類も必要になります。

(50万円を超える借り入れの場合)すでに他社からの融資を受けていたり、所得制限があるローンでも収入証明書類が必要になります。

ペットローンというのは、ローンの使い道が限定されていますので使途を確認できる見積書や領収書なども必要です。

ペットローンを取り扱っている金融機関はまだ少ないですが多目的ローンといった名称で対応している業者は多いです。

融資元には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、総量規制がある消費者金融は、無職の人は申込むことができません。

銀行は総称規制の対象外なので法律上は無職や無収入の人でも借り入れることはできますが、申込資格に安定かつ継続した収入があることと条件付けされている場合が多いので、完全に無収入の人は厳しいでしょう。

信販会社のショッピングローンはどうものかというと、ペットローンを例にすると、ペットの代金を信販会社が立て替えて支払し、その後購入者が信販会社に月々返済していくという仕組みです。

ショッピングローンのイメージに、なんとなく審査のハードルは低いと思われている方もいるかもしれませんがこちらも申込資格に「安定継続した収入」が条件として記載されていることが多いです。

ペットローンを取り扱っている銀行や信販会社は多数ありますがローンを利用する場合には必ず利息を加算する必要があります。

金利が低い順に並べますと、銀行、信販会社、消費者金融となっており金利が低くなるほど審査のハードルが上がると言われています。

銀行ペットローンの金利を例にあげてみますと、イオン銀行は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の場合は年2.5%から年7.5%となっていますがオリコの多目的プランだと年6.0%から13.2%ですから銀行よりも高い金利なのです。

消費者金融のプロミスだとペットローンはないので、目的ローンという商品になり金利は通常のカードローンよりも1.0%ほど低めですが年6.3%から年16.5%と一番高くなっています。

借入可能な限度額はイオン銀行で700万円、スルガ銀行は800万円なのに対し消費者金融のプロミスの場合は300万円程度で、総量規制も適用されます。

三井住友フィナンシャルグループのセディナにはペットローンはありません

が総合目的ローンという商品があります。

セディナの総合目的ローンは入院や出産、引っ越し、結婚式など大きな額の資金が必要になったときに利用出来るというローンです。

ペットショップから発行された契約書などがあれば動物の購入にも利用できます。

申込条件は満20歳以上で、安定継続した収入があることや、勤続年数が1年以上などといった規定があります。

融資額は5万円から300万円、金利は7.8%から11.8%、担保や保証人不要で返済期間は最長5年となっています。

ペットローンを取り扱っている銀行や信販会社は多数ありますがどんなローンであっても返済する際には利息が発生します。

金利の設定は一般的に金利が低い順に並べますと、銀行、信販会社、消費者金融と言われており審査の厳しさは金利が低くなるほどハードルが上がると言われています。

銀行ペットローンの金利を例に比較すると、イオン銀行の金利は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の金利は年2.5%から年7.5%で、オリコの多目的プランの場合、年利6.0%から13.2%なので、銀行より高金利なのがわかりますね。

消費者金融のプロミスだとペットローンはないので、目的ローンという商品になり金利は通常のカードローンよりも1.0%ほど低いとはいえ、年6.3%から年16.5%とかなり高金利なのです。

最大限度額はイオン銀行が700万円、スルガ銀行は800万円と高い金額ですが、オリコやプロミスは300万円と低く、プロミスには総量規制が適用されます。

ペットローンは生き物(動物)を購入するためのローンですがいわゆる一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

よって、ローン審査を受けて承認されないとお迎えしたい子がいてもペットローンを利用できません。

ペットショップのペットローンに落ちたとか利用できなかったという話を聞くことがありますが審査に通らなかった人は原因があるはずです。

これまでに自己破産や滞納歴があったとか携帯電話の支払いを忘れたことがあったりすると、信用情報に傷がついている可能性があります。

その他にも、数社から融資を受けているとか申込時の情報に虚偽申告があった場合は問題外です。

ペットショップにいるペットは数十万円以上することが多いので現金一括払いという人は少ないと思います。

ペットが売れないことにはショップも商売になりませんので信販会社と提携してショッピングローンを組めるように対応している店舗が多いです。

ショッピングローンはペットの購入代金を信販会社が立て替えて支払ってくれるというものでローン組んだ人は購入代金を信販会社へ金利を付けて分割払いで返済していきます。

クレジットカードと変わらないのは?と思われるかもしれませんがショッピングローンは購入対象となる商品だけのローンになります。

信販会社と提携しているローンはいわゆるショッピングローンなのでカードが発行されることはありませんし追加融資も受けられません。

ペットショップでペットを買う際にローンを組むとしたら頭金を納めることをおすすめします。

借入金額が減れば審査のハードルも下がりますからペットローンを利用しやすくなりますね。

頭金を納める金額は多いに越したことはないのですがいくら納めるかは任意です。

ただし、生体価格のほかにもワクチンなど別途費用が数万円かかりますから手持ちのお金をすべて頭金にするのはおすすめしません。

別途かかる費用としては首輪やリード、餌やペットシーツなどといったものも必要になりますし小屋やケージを含めると数万円はかかることを念頭に入れておきましょう。

銀行と消費者金融にはローンの提供がありますが消費者金融の場合は収入の1/3を超える借り入れを禁止している総量規制が適用されます。

パート等で収入を得ている主婦であれば消費者金融でローンを組むことができますが、専業主婦だと消費者金融から融資を受けることはできません。

銀行のローンは総量規制はないので専業主婦でも融資を受けることができますがペットローンに関しては、必ずしも借りられるというわけではありません。

スルガ銀行の場合だと「安定した収入がある方」という条件がついており場合によっては収入確認資料の提出が求められます。

イオン銀行もペットローンを扱っていますが、年金受給者や学生、専業主婦、無職の人は申し込めませんから専業主婦の方は、夫の名義でローンを組みましょう。

ペットショップのコジマで犬や猫などを購入する際、ペットローンを組むという場合は信販会社のショッピングローンを利用することになります。

コジマと提携している信販会社はジャックス、セディナ、オリコなどがありますが、多くの信販会社ではペットローンの取り扱いはなく、目的別ローンとしてペットにも利用できるようになっています。

目的別ローンとは使い道を限定して低金利で融資するローンのことでその代表的なものとしてオートローンやマイカーローンなどがあります。

オリコだと多目的プランというサービス名で最高300万円まで融資を受けることができ、金利は6.0%から13.2%です。

セディナには総合目的ローンという商品があり最大借入額は300万円までで、金利は7.8%から11.8%となっています。

ペットも当然ケガや病気になる可能性はあるのですが人間のような医療保険制度には程遠いものといえるでしょう。

ですからちょっとした治療でも全額実費となりますから生体代金よりも高くつくことも覚悟していなければなりません。

ペット保険が普及しつつありますが、掛け金が高額なのに対し給付金が少額だったり請求手続きが複雑などなかなか請求できないなど実用的でない保険が数多く見受けられます。

又、ペットが若いうちは病気になる確率も低いためペット保険は掛け損と感じる人も少なくないと思います。

今は、転ばぬ先の杖としてペット保険に入るのではなく転んだ時の対策としてペットローンでまとまったお金を用立てるという人も多いようです。