ペットローンの審査の必要書類ってどう?

ペットローンの審査の必要書類を調べてみた

カインズホームではペットグッズは充実していますが、生体の販売はあまり見かけません。

しかし、関東地方を中心とした日本各地において「ペッツワン」というペットショップがある店舗もあります。

ペッツワンで取り扱っているペットはカインズホームのHPから見ることができ犬、猫、小動物、観賞魚といったカテゴリー別に検索も可能です。

ペッツワンでは特に犬をプッシュしているようで、トップページ上に新着犬がランダムに表示されていますので運命を感じさせる犬と巡り合えるかもしれません。

運命の子を見つけたらすぐに連れて帰りたいと思うはずですので資金に不安を感じたらペットローンを使うのも有効な方法です。

ペットも生き物ですからケガや病気になる可能性は十分にありますが残念ながら、人間のような医療保険制度と比較するとまだまだです。

ですからちょっとした治療でも全額実費となりますから数万円の治療費はざらにあると覚悟しておかなければいけません。

最近はペット保険が増えてきましたが、毎月の掛け金が高額なのに給付金が少なかったり請求手続きが複雑などなかなか請求できないなど実用的でない保険が数多く見受けられます。

又、ペットが若いうちは健康なので保険のお世話になる心配は少ないのですからペット保険はまだ入る必要はないとと感じる人も少なくないと思います。

今は、転ばぬ先の杖としてペット保険に入るのではなく転んだ時の対策としてペットローンの利用を考えている人も多いようです。

ペットローンを取り扱っている金融機関はまだ少ないですが多目的ローンといった名称で対応している業者は多いです。

融資元には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、消費者金融には総量規制があるため無職の人は利用できません。

銀行は総称規制の対象外なので無職の人でも借りることはできますが、ほとんどの銀行で「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされています。

信販会社のショッピングローンはどうものかというと、ペットローンの場合はペットの購入代金を信販会社が立て替えて支払う仕組みになっています。

ショッピングローンは審査のハードルは高くないように思われますがショッピングローンも「安定継続した収入」が条件になっていることが一般的です。

銀行と消費者金融にはローンの提供がありますが消費者金融の場合は収入の1/3を超える借り入れを禁止している総量規制が適用されます。

パート等で収入を得ている主婦であれば消費者金融でローンを組むことができますが、専業主婦の場合は年収がないので、消費者金融から融資を受けることはできません。

銀行のローンは総量規制はないので専業主婦でも融資を受けることができますがペットローンは、必ずしも借り入れできるとは限りませんので注意が必要です。

スルガ銀行の場合だと「安定した収入がある方」という条件がついており条件によっては収入確認資料の提出を要求される場合があります。

イオン銀行もペットローンがありますが、学生や専業主婦、無職の人は申し込むことはできませんので専業主婦の方は、働いている旦那さんの名義でローンを組むことになります。

ペットローンという商品を扱っている銀行は実は少なくほとんどの銀行では多目的ローンというローンで対応してるようです。

ペットローンがある銀行はイオン銀行やスルガ銀行などで、信販会社のペットローンよりもメリットが多いのです。

イオン銀行の場合は金利が年3.8%から年8.8%で最高借入金額は30万円から700万円、借入期間は1年から8年まで、繰り上げ返済手数料は無料となっています。

スルガ銀行の最高借入金額は800万円で、年利2.5%から7.5%、借入期間は最大10年です。

このように銀行のペットローンとても魅力的なのですがその分、審査が厳しくなりますのでご注意ください。

スルガ銀行は関東では知らない人も多いかもしれませんが、静岡県に本店がある地方銀行でネットバンキングでは全国展開しています。

銀行ではペットローンは多目的ローンで対応している場合が多いのですがスルガ銀行はペットローンを独立した商品として存在します。

スルガ銀行ペットローンの内容は、最高限度額800万円と高額にもかかわらず年利が2.5%から7.5%と低く設定されており、最大120回払いと大変良心的なスペックになっています。

パソコンやスマホで申込が可能で全てがWeb完結するので来店不要です。

申込資格は年齢が20歳以上65歳未満、完済時年齢が70歳以下である人で安定した収入があることが必須となっています。

ペットショップのコジマでペットローンを利用する場合はショッピングローンとなり信販会社の審査を受けることになります。

コジマと提携している信販会社はジャックス、セディナ、オリコなどがありますが、多くの信販会社ではペットローンの取り扱いはなく、目的別ローンとしてペットにも利用できるようになっています。

目的別ローンとは使い道が限られていることで低い金利で融資を可能のしたローンのことで自動車を購入する際のマイカーローンなどがそれにあたります。

信販会社のオリコは多目的プランという名称で最高300万円まで融資を受けることができます。

セディナには総合目的ローンという商品があり金利は7.8%から11.8%、最高300万円となっています。

ペットショップで扱っている生体は数十万円もすることがあるので現金一括払いで支払える人は少ないと思います。

ペットショップも動物が買ってもらわないことには商売になりませんから信販会社と提携してショッピングローンを組めるように対応している店舗が多いです。

ショッピングローンというのは購入代金を信販会社が立て替えて支払い購入者は購入代金を信販会社へ分割払いで返済していくシステムです。

クレジットカードと変わらないのは?と思われるかもしれませんがショッピングローンはペットならペットのみ、パソコンならパソコンのみという風に、購入対象の商品だけのローンになるというものです。

ペットショップで申込書に記入するペットローンもショッピングローンなので審査結果早いのですが、追加融資などは受けられません。

ペットローンの必要書類から判明した審査のまとめ

ペットローンとは動物を買う際に利用されるローンです。

人気の犬種で一番安価な柴犬でも13万円から28万円が相場ですしトイプードルやロングチワワだと、30万円前後の価格帯になります。

猫の場合だと、アメリカンショートヘアーやスコティッシュフォールドは20万円から28万円が相場となっていてブリティッシュショートヘアーの場合だと21万円から38万円となっています。

血統書の有無によっても価格は変わりますから犬や猫を飼うということは、高性能のパソコンなみにお金がかかりますから決して安い買い物ではないのです。

ペットを家族に迎えるということは、ビビッときた子と出会った時が運命なのですぐにお迎えするにはペットローンを有効に利用したいですね。

ペットローンというローンを取り扱っている信販会社や銀行は数多くありますがいずれのローンを利用したとしても返済する際には利息を加算する必要があります。

金利の設定は一般的に金利が低い順に並べますと、銀行、信販会社、消費者金融と言われており審査の厳しさは金利が低くなるほどハードルが上がると言われています。

銀行ペットローンの金利を例にあげてみますと、イオン銀行は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の場合は年2.5%から年7.5%となっていますがオリコの多目的プランだと年6.0%から13.2%ですから銀行よりも高い金利なのです。

一方、消費者金融(プロミス)だと、目的ローンという商品になり年利6.3%から年16.5%とかなり高金利となっています。

融資の最大限度額はイオン銀行が700万円、スルガ銀行は800万円ですがオリコやプロミスなどの消費者金融だと300万円程度です。

カインズホームではペットグッズは充実していますが、生体の販売はあまり見かけません。

しかし、関東地方を中心とした日本各地において「ペッツワン」というペットショップがある店舗もあります。

ペッツワンで取り扱っているペットはカインズホームのHPから見ることができ犬、猫、小動物など、カテゴリー別に検索することができます。

中でも犬の販売に力を入れているようでトップページには新着の犬ちゃんがランダムに登場しますので運命の出会いがあるかもしれません。

気に入った子がいた場合は、よその子になってしまうまえにすぐに連れて帰りたいはずですので手持ちがすくない…と言う場合にはペットローンを使うのも有効な方法です。

ペットローンという商品を扱っている金融機関はまだ少ないですが目的別ローンというサービス名で対応している金融機関は多いです。

融資元には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、総量規制がある消費者金融は、無職の人は申込むことができません。

銀行は総称規制の対象外なので無職の人でも融資を受けることはできるのですが、申込資格に安定かつ継続した収入があることという条件があることが多いです。

信販会社のショッピングローンは商品を購入するためだけのローンなのでペットローンを例にすると、ペットの代金を信販会社が立て替えて支払し、その後購入者が信販会社に月々返済していくという仕組みです。

直接現金を借り入れるわけではありませんので、なんとなく審査のハードルは高くないように思われますがこちらも申込資格には「安定継続した収入」が条件になっていることが大半です。

ペットショップのコジマでペットローンを組む場合はショッピングローンとなり信販会社の審査を受けることになります。

コジマと提携している信販会社はジャックス、セディナ、オリコなどがありますが、ほとんどの会社ではペットローンはなく、目的別ローンとしてペットにも利用できるように対応しているというものです。

目的別ローンとは使途が限られている反面、低金利で融資可能なローンのことで代表的なものとして、マイカーローンなどが挙げられます。

コジマのペットローンとして提携しているオリコの場合は多目的プランという名称で最高300万円まで借りることができます。

同様に信販会社のセディナにも総合目的ローンという商品があるのですが最高300万円まで融資可能で、金利は7.8%から11.8%です。

住宅ローンやカードローンに融資を許可するかしないかの審査があるようにペットローンにも審査を受けて承認されなければ融資を受けることはできません。

ペットローンのある金融機関には銀行や信販会社などがありますが銀行のペットローンは審査が厳しくハードルが高いとされています。

銀行のペットローンは信販会社のものよりも低金利ですがローン審査の常識として、金利が低いほど審査が厳しくなるという傾向にあります。

ちゃんと返済してくれる人であれば安心して貸すことができるということでそのご褒美として低金利で融資をすることを認めるという事なのです。

審査の難易度は、銀行のペットローンが一番難しく次いで信販会社のペットローンとなっています。

非正規雇用の人(アルバイトなど)がペットローンを組む場合には制限を受けることがありますから注意してください。

どの金融機関でも確実に返済してもらう判断基準としていますので継続勤務期間は最低でも1年以上は欲しいところです。

雇用形態や年収については、イオン銀行の場合は原則として前年度の税込み年収が200万円以上という条件がついていますがスルガ銀行は年収制限がありませんので、アルバイトでも申請可能です。

信販会社ではオリコが使途にペット購入費を認めている多目的プランというのがありますが満20歳以上で安定した収入があれば、雇用形態は不問です。

消費者金融にはペットローンというサービスはありませんが、プロミスの目的ローンは収入の1/3以内ならアルバイトでも利用可能です。

スルガ銀行は関東ではあまり馴染がないかもしれませんが実店舗は5大都市圏に展開している沼津市指定金融機関です。

銀行の場合、ペットローンは多目的ローンで対応するのが一般的ですがスルガ銀行はペットローンを独立した商品として存在します。

スルガ銀行のペットローンは、最大融資額が800万円と高額にもかかわらず年利が2.5%から7.5%と低く設定されており、最大120回払いと大変良心的なスペックになっています。

パソコンやスマホで申込が可能で審査から契約手続きまで全てがWeb完結しますから、来店の必要はありません。

申込資格は年齢が20歳以上65歳未満、完済時年齢が70歳以下である人で安定した収入があることが必須となっています。