人気のペットローンの審査の基準について

ペットショップのコジマでペットローンを利用する場合は

ショッピングローンとなり信販会社の審査を受けることになります。

コジマと提携している信販会社はジャックス、セディナ、オリコなどがありますが、ほとんどの信販会社ではペットローンはなく、目的別ローンでペットの購入にも利用できるように対応しています。

目的別ローンとは使途が限られている反面、低金利で融資可能なローンのことでその代表的なものとしてオートローンやマイカーローンなどがあります。

オリコだと多目的プランというサービス名で最高300万円まで借入可能で、利率は6.0%から13.2%となっています。

同様に信販会社のセディナにも総合目的ローンという商品があるのですが最高300万円まで融資可能で、金利は7.8%から11.8%です。

ペットローンを利用してペットを飼いたいんだけど年収が低くて審査に通るか不安などなかなか踏ん切りがつかないという人も多いのではないでしょうか?ペットローンを申し込むには「安定かつ継続した収入があること」とされている場合がほとんどで明確な年収制限があるのはイオン銀行くらいです。

その他のペットローンでは収入があればパートやアルバイトなどの非正規雇用でもOKというローンが多く収入よりも継続してお仕事をしているかということを重要視しているようです。

もちろん、収入は多い方が有利ですがそれよりも勤続年数が長いことの事の方が重要です。

その他にも、過去に債務整理や自己破産歴がないかなど、返済状況や金融事故歴のほうが問題になるのは言うまでもありません。

ペットローンを取り扱っている銀行や信販会社は多数ありますがいずれのローンでも返済する際には利息必要です。

一般的に金利が低いとされている順だと、銀行、信販会社、消費者金融という並びになり金利が低いほど審査基準が上がると言われています。

銀行ペットローンの金利で比較してみると、イオン銀行は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の場合は年2.5%から年7.5%となっていますがオリコの多目的プランは、年利6.0%から13.2%となっています。

一方、消費者金融のプロミスの場合、ペットローンではなく目的ローンという商品になり金利は通常のカードローンよりも1.0%ほど低めですが年6.3%から年16.5%と一番高くなっています。

最大限度額はイオン銀行が700万円、スルガ銀行は800万円と高い金額ですが、オリコやプロミスは300万円程度でしかもプロミスには総量規制が適用されるというおまけつきです。

オリコのローンはカードローンや目的別ローン、キャッシングがありますが特に車を購入する際に利用するオートローンは業界のトップをシェアしていることでも有名です。

しかし、オリコではペットローンというローンがないので使い道が決まっていない目的プランを利用することになります。

ペットショップがオリコと提携していればこのローンに申し込むことになりますがオリコの審査は非常に早いので、申込条件に問題なければその場で契約することができます。

申し込み条件は満20歳以上、10万円から300万円まで融資可能です。

なお、オリコからの借金が50万円を超える場合や他社からの借入れと合計で100万円を超える場合は所得証明書が必要になることがあげられます。

ペットローンという商品を扱っている金融機関はまだ少ないですが多目的ローンというローンで対応している金融業者は多いです。

融資してくれる金融機関には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、総量規制がある消費者金融は、無職の人は申込むことができません。

銀行は総称規制の対象外なので無職の人でも融資を受けることはできるのですが、申込資格に安定かつ継続した収入があることという条件があることが多いです。

信販会社のショッピングローンはある決まった商品を購入するためだけに組まれるローンなのでペットローンの場合はペットの購入代金を信販会社が立て替えて支払う仕組みになっています。

ショッピングローンのイメージに、なんとなく審査のハードルは低いと思われている方もいるかもしれませんがショッピングローンも「安定継続した収入」が条件になっていることが一般的です。

住宅ローンを組む際に審査があるようにペットローンにも審査を受けて承認されなければ融資を受けることはできません。

ペットローンを提供している金融機関には銀行や信販会社があるのですが銀行のペットローンは審査が厳しくハードルが高いとされています。

銀行のペットローンというのは、ペットショップで組むローンよりも低金利なため人気がありますが低金利であればあるほど審査が厳しくなるというのはローン審査の常識です。

返済能力がある人であれば安心して貸すことができるので見返りとして低い金利で融資してあげますよという事なのです。

銀行のペットローンが一番審査の難易度が高く、その次は信販会社のペットローンと言われています。

ペットローンというのはペットの購入費などに使い道が制限されているローンなのですが他のローンと同じで、ローンに申込み、審査に通る必要があります。

ローンの申込み方法は郵送やインターネットがありますが、ローン申込書に記入し提出する必要があります。

申請に必要なものとして、運転免許書等本人確認書類のほかに収入を証明する書類も必要になります。

(50万円を超える借り入れの場合)すでに他社からの借入金があり、今回の借り入れと合算して100万円を越える場合や所得制限があるローンでも収入証明書類の提出が求められます。

ペットローンは使い道が制限されているローンですからペットショップが発行する見積書なども必要になります。

ペットローンは動物を購入するためのローンになりますがいわゆる一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

つまり、ローン審査を通らない限り家族に迎えたい子を見つけてもペットローンを組めないのです。

ペットローンに落ちたことで、気にいった子をお迎えできなかったという話を聞くことがありますが審査に落ちたという人は他のローン審査も通過できない可能性があります。

過去に遅延や滞納歴があったとかそういう過去がある人は信用情報に問題があります。

その他にも、いくつもの金融機関から借入をしているとか申込時の情報に借入件数や金額を少な目に記載したなどの虚偽申告があった場合は問題外です。

ペットローンは銀行のローンが2社あり

その他の銀行や信販会社、消費者金融などは目的別ローンなど、使い道を制限し金利を抑えた商品を提供しています。

金利は、銀行の一番低く、消費者金融が1番高いとされていますが低金利なローンほど審査が厳しくなります。

同じ金融機関でもカードローンのように使い道が限定されないフリーローンもありますが、ペットローンのように使途を限定することにより低金利にしたローンの方が審査は厳しいと言われています。

つまり銀行のペットローンはローンの中でも特に審査のハードルが高いことが予想されますから審査に通らないという人は、同行のカードローンに申し込んでみてはいかがでしょう。

又、銀行カードローンの審査は信販会社で提供しているペットローンと同じくらいの審査基準という話もありますから2つの金利を比較し、金利が低い方に申し込むのもありです。

関東以北の人にはなじみ深いカインズホームではペットグッズは充実していますが、生体の販売はあまり見かけません。

しかし、関東地方を中心としたカインズホームで「ペッツワン」というペットショップが併設されてる場合があります。

ペッツワンのペットはカインズホームのサイトから見ることができ犬、猫、小動物、観賞魚といったカテゴリー別に検索も可能です。

ペッツワンでは犬の販売に力を入れているようでトップページには新着犬がランダムに表示されており運命の出会いがあるかもしれません。

気に入った子がいた場合は、よその子になってしまうまえにすぐに連れて帰りたいはずですので資金が乏しい場合はペットローンの検討をしてみることをおすすめします。

パートやアルバイトなどの非正規雇用の人がペットローンを組む場合には条件が増えたり、制限を受ける場合がありますから注意してください。

どの金融機関でも「安定かつ継続した収入」が必須条件となっていますから継続勤務期間は最低でも1年以上は求められます。

雇用形態や年収については、イオン銀行では前年度年収が200万円以上という条件がありますがスルガ銀行の場合は年収制限はないので、アルバイトでも申し込み可能です。

信販会社ではオリコがペットローンに利用可能な多目的プランという商品がありますがこちらも満20歳以上かつ、安定した収入がある人であれば、アルバイトでもOKです。

消費者金融にはペットローンというサービスはありませんが、プロミス目的ローンであれば収入の1/3以内ならアルバイトでも申し込み可能です。

住宅ローンを利用する際に審査を避けて通れないようにペットローンでも審査をクリアする必要があります。

ペットローンは銀行や信販会社で取り扱っていますが審査が厳しいとされるのは銀行のペットローンです。

銀行のペットローンはペットショップで組むローンと比較すると低金利なので人気が高いのですが一般的に金利が低いほど審査が厳しくなると言われています。

ちゃんと返済してくれる人であれば安心して貸すことができるということでそのご褒美として金利を低くして貸してあげますよという事なのです。

銀行のペットローンが一番審査の難易度が高く、その次は信販会社のペットローンのようです。

楽天市場や銀行で有名な楽天ですがペットローンはやっていません。

楽天銀行にはスーパーローンというカードローンがあるのですがその他には教育ローンやブライダルローンといった目的型ローンがあります。

通常、銀行の目的型ローンは使い道が限定されるだけで、内容に関しての規定はされていないのですが楽天銀行の場合は使い道についても限定されています。

楽天銀行のサイトには、ブライダルやトラベルと同じ項目で自動車ローンもありますがこちらは目的型ローンではなく楽天スーパーローンとなります。

楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育を除き、他のローンはすべて通常のカードローンになりますのでペットローンというサービスにこだわる必要性はありません。

ペットローンを考えているけど年収が低くて審査に通るか自信がないなどローンを組む勇気が持てないという人も多いのではないでしょうか?ペットローンの申し込み条件は「安定かつ継続した収入があること」という項目が多く年収制限が設けられているのはイオン銀行の200万円だけです。

ペットローンでは収入があればアルバイトなどの非正規でも融資可能というローンが多く金額よりも安定・継続して勤務しているかということを重要視されているようです。

もちろん、収入は多い方が有利ですがそれよりも勤続年数が3年以上ある事の方が評価は高いかもしれません。

その他にも、過去にローンの遅延や滞納がなかったか?債務整理や自己破産歴がないかなど、金融事故歴のほうがよっぽど審査の障害となります。

ペットショップにいるペットは数十万円以上することが多いので現金一括払いで支払える人は少ないと思います。

ペットが売れないことにはショップも商売になりませんので信販会社と提携してローンを組めるようにしているショップが多いです。

ショッピングローンはクレジットカードのように購入代金を信販会社が立て替えて支払い購入者は購入代金を信販会社へ分割払いで返済していくシステムです。

クレジットカードで買い物をするのと同じ感覚かもしれませんがショッピングローンは購入対象となる商品だけのローンになります。

信販会社のローンはショッピングローンなので審査結果から利用できるまでの時間は早いですが、カードもありませんし追加融資も受けられません。

オリコにはカードローンや目的別ローン、キャッシングなどがありますが特に車を購入する際に利用するオートローンは業界のトップをシェアしていることでも有名です。

しかし、オリコではペットローンというローンがないので使途が自由な多目的プランを利用することになります。

そのため、ペットショップがオリコと提携していれば多目的ローンの申請になりますがオリコの審査は非常にスピーディなので審査をクリアできればすぐに契約することができます。

申し込み条件は満20歳以上、担保や保証人は不要で、借入可能額は10万円から300万円までとなっています。

注意点として、オリコから借り入れるお金が50万円を超える場合や他社からの借入れと合計で100万円を超える場合は所得証明書が必要になることがあげられます。